Close

宿泊プラン

客室

レストラン & バー

パーティー&セミナー

スパ

ウェディング

観光

アクセス

施設案内

お問い合わせ

鳥羽国際ホテル

Restauranr Reservationレストラン予約

メインダイニング シーホース

ご予約はこちら

和食レストラン もんど岬

ご予約はこちら

Staff Blogスタッフブログ

スタッフブログ

鳥羽歳時記二月「春浅し」

鳥羽歳時記二月「春浅し」

~季節を感じるおもてなし~

二月。月の初めに立春がある。暦の上では春といっても寒さはまだ厳しい。浅春、春浅しの季語には、春になったものの、春色はまだ整わない気分をよく表す。降雪があり、木々の芽吹きには間があるころである。「春浅し空また月をそだてそめ 久保田万太郎」「春あさきまま川浪と笛の音と 中田 剛」また、旧暦の正月、旧正月にもあたる。かつてはこの頃に新年を迎えた。「旧正の波よくのびて熊野灘 行方克己」。立春後の寒さを余寒という。なお寒さが残っているという気分だ。「水底に藻の照りわたる余寒かな 藺草慶子」。月半ば過ぎには、祈年祭、雨水を迎え、雪から雨に変わる頃とされるが、伊勢では雪が降ると春が近づくといわれる。伊勢の春雪だ。

●二十四節気
2/4  立春 この日から暦は、春。
2/19 雨水 降る雪が雨に変わり、氷が解ける頃。
★2/3 節分
★2/7 初午
★2/8 事八日
★2/11 建国記念日
★2/14 バレンタインデー
★2/16 旧正月

●七十二候  「東風解凍」から第一候が始まる
東風解凍 はるかぜこおりをとく 春風が氷を解かし始める
黄鴬見睆 こうおうけいかんす 鶯が美しい声でなく
魚上氷    うおこおりをいずる 魚が春の気配を感じ氷の間から飛び出す
土脉潤起   つちのしょううるおいおこる 土が潤い温まって、ぬかるんで
くる(雪解け)
霞始靆    かすみはじめてたなびく 霞がたなびく時候(秋は霧)
草木萌動 そうもくめばえいずる  新芽が萌(きざ)し始める頃

●伊勢神宮の祭典
二月十一日 建国記念祭 大御饌 外宮午前七時 内宮十一時
十七日 祈年祭 大御饌 外宮午前四時、内宮午前七時
奉幣  外宮・午前七時、内宮午後二時
〇伊勢志摩地方の行事
2/3 節分祭 二見興玉神社ほか
2/4 石風呂、御頭神事 玉城町宮古
2/10、11 高向の御頭神事、各地の御頭神事
2月~  おひなさま行事 二見、いつきのみや、おかげ横丁、松阪ほか

スタッフブログ一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加