Close

宿泊プラン

客室

レストラン & バー

パーティー&セミナー

スパ

ウェディング

オンラインショップ

観光

アクセス

施設案内

お問い合わせ

鳥羽国際ホテル

Restauranr Reservationレストラン予約

メインダイニング シーホース

ご予約はこちら

和食レストラン もんど岬

ご予約はこちら

Staff Blogスタッフブログ

スタッフブログ

鳥羽歳時記八月「初風」

~季節を感じるおもてなし~
八月は葉月(はづき)。木の葉がようやく色づく月、「葉落ち月」が転じたなど由来は諸説ある。夏休み真っ盛りの8月、立秋を過ぎると暦の上では秋、初秋。暑中から残暑見舞いとなる。月半ばにはお盆、終戦記念日を迎え、祈りの月ともいえる。農家にとって8月は労働をあまり必要とせず、気楽な月であることから八月大名という言葉がある。稲刈りの早い伊勢志摩地方の8月は多忙だ。秋の到来を告げる風を「秋の初風」という。残暑の中に感じる涼風だ。

●二十四節気
8/7  立秋 暦の上では秋。秋立つ。
8/23 処暑 残暑がしばらくとどまるが、朝夕に秋の気配が漂う。

●雑節・年中行事
・8/1  八朔、土用二の丑の日
・~8/6 土用 立秋前の18日間。一年で最も暑い時期。土用鰻、土用餅、土用蜆、土用東
風、土用凪、土用波、土用灸
・8/10 四萬六千日 観音さんの縁日で、この日に参るとご利益が増大する。ひと月遅れ。
・8/13~16 お盆
・8/15 終戦記念日
・8/17 旧七夕

●季節を代表する季語
朝顔 もともとは薬用として渡来したが、千利休の「朝顔の茶事」に見られるように鑑賞用となる。江戸は変わり咲き、大坂は大輪咲きを好んだという。全国に愛好会あり。「蛸壺に育つ朝顔海の色 中桐晶子」は神島での作品。。牽牛花(けんぎゅうか)とも呼ぶ。

花火 「海峡に色をこぼして揚花火 岩崎慶子」。日本へは鉄砲伝来の後より伝えられ、江戸時代に盛んに。川開きの呼び物になって様々な工夫がなされた。「潮に掌をひたすたのしみ花火舟 小川恭生」。遠くにした花火も感慨深い。「死にし人別れし人や遠花火 鈴木真砂女」。

●伊勢神宮の祭典
8月4日 風日祈祭 外宮午前5時、内宮午前9時

●大嘗祭 おおにえのまつり 来年11月14,15日
11月の中の卯の日の夜、天皇があらかじめ卜定された神田の稲と粟の新穀を神に奉り、自らもともに食する儀式を新嘗祭というが、天皇即位後、初めてのものは大嘗祭と呼ばれ区別される。天皇が神々と神饌を供する神事と、天皇と臣下の饗宴の2つで構成する。最初は持統天皇690年。悠紀(ゆき)、主基(すき)の国の斎田の収穫物が用いられる。天照大神、天神地祇に供える。
真床覆衾(まとこおうふすま)は、大嘗祭で天皇が臥す衾との関連も。

●伊勢志摩地方の祭典
8月1日   八朔参宮 外宮 秋の収穫を前にした参宮。粟を供える。粟餅。
11~16日 かんこ踊り 松阪、伊勢各地
14日    大念仏 志摩市波切 「かさぶく」で初盆供養
14、15日 河崎音頭 伊勢市朝熊町、鹿海町 伊勢音頭のルーツ
23、24日 朝田地蔵会式 松阪市朝田寺 掛衣(かけえ)の習慣。
31日 オイヤレ 盆送り、菅島じんじん船、答志島桃取おいやれ船

スタッフブログ一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加