Close

宿泊プラン

客室

レストラン & バー

パーティー&セミナー

スパ

ウェディング

観光

アクセス

施設案内

お問い合わせ

Staff Blogスタッフブログ

スタッフブログ

鳥羽歳時記十一月「雷無月」   

鳥羽歳時記十一月「雷無月」   平成二十九年十月二十五日

~季節を感じるおもてなし~

十一月初めには早くも暦の上では初冬を迎える。旧暦十月は「神無月」の異称がある。気候も寒くなり雷が鳴らなくなることから「雷無月」を語源にする説のほか、新米で酒を醸造する「醸成月」も。各地で新穀を神に供える祭りが行われることから「鎮祭月」という別名もある。上旬は気候が定まり、「小春日」と呼ばれる穏やかな日和が多い。季語に「冬ぬくし」「冬うらら」がある。下旬は、時雨などが見られ、木枯らしが吹き、冬めいてくる。旧暦十一月の「霜月」の呼び名がしっくりくる。茶道では、「炉開き」、農家では囲炉裏や掘り炬燵を開くのは、中亥の日、または朔日を選んだ。猪は火の神の使いとされるため、この日に暖房器具を出すと火災にならないと信じられていたようだ。日を選んで冬を迎える用意をした。新酒の季節。杉葉で作られた青々とした「酒林」がお目見えする。茶色く色づくと、新酒が熟成して、飲み頃の目印に。

●二十四節気
11/7 立冬 暦の上の冬。冬の気配を感じる頃だが、紅葉が見頃に。
11/22小雪 最低気温が10℃を下回るように。木枯らしも。
★11/1 十三夜 後の月 栗名月、豆名月
★11/15 七五三

●七十二候
11/7 山茶始開 つばきはじめてひらく
11/12 地始凍 ちはじめてこおる
11/17 金盞香 きんせんかきく
11/22虹蔵不見 にじかくれてみえず
11/27朔風払葉 きたかぜこのはをはらう
12/2  橘始黄 たちばなはじめてきばむ

●伊勢神宮の祭典
十一月五日 倭姫宮秋の例大祭 倭姫宮 十時
二十三日 新嘗祭 大御饌外宮四時、内宮十一時、
奉幣外宮七時、内宮午後二時
三十一日 大祓  内宮第一鳥居内祓所 三時  カエデの紅葉見頃
★新穀感謝祭 全国の神宮崇敬者が新穀を奉納し、感謝の大々神楽をあげる。
★重要文化財・旧慶光院客殿の公開 11月3日(祝)

●伊勢鳥羽志摩の祭典
11/5 全日本大学駅伝対校選手権大会 熱田神宮~伊勢神宮
7 片田稲荷大祭 志摩市志摩町 片田稲荷神社
11 磯部神社大祭 志摩市磯部町恵利原 磯部神社
23 二船祭り   鳥羽市国崎 海士潜女神社
〃 御肴取り神事 鳥羽市安楽島 伊射波神社

 

 

スタッフブログ一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加